未分類

就任祝いに現金を贈る場合の贈り方

就任祝いに現金を贈る事を希望している場合は、注意しておきたいポイントがあるので紹介します。
まず、就任祝いで現金を贈る場合は熨斗袋を用いる事になります。
この熨斗袋の表書きは祝御就任等とされています。
尚、就任祝いで現金を贈る時には熨斗袋を用いる事は、
手渡しする場合でも郵送する場合でも変わりがありません。
また、就任祝いの現金を贈る際の相場もあります。
身内等に贈る場合は、1万円から3万円程度です。
友達等に贈る場合は、5千円から1万円程度です。
親戚等に贈る場合は、5千円から1万円程度です。
更に、就任祝いに現金を贈る事を検討されている場合に知っておく事が必要な点があります。
基本的に自分よりも立場が上の方に、現金を贈る事は失礼だと言われている事です。
ただ、就任祝いを贈る相手が海外に転勤される際は現金でも良い場合があります。
もし、就任祝いに現金を贈ろうとしているのであれば、きちんと問題ないかを検討されると良いです。
加えて、就任祝いの現金を贈るタイミングによっては、礼儀に反した事になります。
あの人が就任される等の形で噂として聞く事もあると思います。
しかし、正式に就任されると言う辞令を出ているかも知らないまま、
就任祝いの現金を贈ってしまう事は止めた方がいいです。
その理由は、先方が就任しないケースもあるからです。
このような場合に、就任祝いの現金を贈ってしまう事は歓迎されない事は簡単に想像が付きます。
この他にも、就任祝いの現金を贈る際には先方の名称を記述するケースもあります。
そのような場合は、先方の名称を間違えない様にする事が大事になります。
このようなミスをしてしまう事は、先方にとって失礼を働く事になるので注意する事が大切です。

就任祝いの贈り方はこちら